MENU

男性の最たる悩み「薄毛」は育毛剤で対処!

男性の髪についての悩みの1位は「薄毛」と言われています。

 

今まで悩んだことがある人、これから悩む可能性があると考える人を含めると
32.3%もの男性が薄毛について気にしているという*データもあります。

 

(*「メンズヘルスクリニック東京」の20〜50代の
男性6,334人を対象にした「薄毛に関する意識調査」による)

 

実際に自分の頭を見て、薄くなったと感じたり、
抜け毛が増えたという実感があったり、また他人に指摘されたりするなどして、
自分が薄毛であると認識すると様々な変化が生じてきます

 

薄毛に対するマイナスイメージから、周りの視線が気になり委縮してしまったり、
「笑っているのは自分の頭のことだ」と被害妄想的な意識を持つようになったりする人もいるようです。

 

また、周囲の人に頭の話題を出せない、
ハゲの話題になるのが怖くて人との接触を避けてしまうなど、
コミュニケーションに支障をきたす場合もあります。

 

日本人男性の薄毛への意識

人気の育毛剤をぶった斬り〜本当におすすめの育毛剤はコレだ!〜

日本人男性は、薄毛に対して非常にマイナスの意識が強いといえます。
そのため、薄毛であることが自分自身のコンプレックスとなりがちです。

 

実際、調査によると約70%の人が
「自分が薄毛だと認識してから行動がネガティブになった」と答えているそうです。
それだけ、薄毛はマイナスのイメージが強いということになるのでしょう。

 

一方、外国を見てみると、外国人の俳優さんをはじめ、
外国の中年男性などは薄毛であっても
カッコよくオシャレにしている人が多いように感じます。

 

それは、薄毛に対してマイナス意識をあまり持っていないためかもしれません。
また、欧米の人に比べると、日本人の薄毛率はそれほど高くないので、
逆に目立ってしまうのかもしれません。

 

日本人男性は薄毛に対して過剰に意識しているという特徴もあります。

 

実際に薄毛ではないのに、薄毛だと思ってクリニックに行ったりする人も多く、
特に20代ぐらいの若い人にはその傾向が強いようです。

 

かっこよくありたいと考える若い年代だから余計気にするという部分もありますが、
マイナスイメージが強すぎるため、気にし過ぎてしまう傾向にあるようです。

 

薄毛への対処の実態

では、これだけ薄毛への意識が強いので、
薄毛対策もしっかり行われているだろうと思えますが、実際はそうではありません。
薄毛と意識をしても、大多数の人が何もしないで過ごしているのです。

 

薄毛が進んでしまってから、早めにケアをしておけばよかったと考える人が
90%近くいるというアンケート結果もあります。

 

つまり、ケアをしてこなかったことを後悔している人が非常に多いということです。

 

薄毛はイヤだけど、どうしたらいいかわからないというのが実態なのかもしれません。

 

特に男性の場合は、手間がかかるものなどは面倒だからやりたくないという人も多いため、
結局何もしないままになってしまい、
その結果薄毛が進んでしまうということになっている可能性があります。

 

薄毛だと感じたら、まずは薄毛に関する情報収集を始め、
正しい知識を身につけることが必要です。

 

今はよい育毛剤がいろいろ出ていますので、
育毛剤の使用を視野に入れながら、できることから少しずつ始めていきましょう。

更新履歴