MENU

育毛効果のある食べ物を一挙公開!

髪にとって食生活は非常に重要です。
なぜなら、食べたものから髪が作られるからです。

 

日頃の食生活によって髪の栄養状況や頭皮の状態が大きく変わるため、
食生活が乱れると薄毛になりやすくなり、
良い食生活をしていれば防げる薄毛もあります。

 

栄養バランスのとれた食事を心がけながら、
薄毛に効く食べ物も積極的に摂取していくことが必要となります。

 

薄毛に効く食べ物

 

納豆

納豆は大豆でできています。

 

大豆は髪の素となるタンパク質を多く含んでいるほか、
女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをもつ
イソフラボンが薄毛の原因となる男性ホルモンの分泌を抑制します。

 

また、ビタミンB2は頭皮の環境の改善に効果を発揮します。

 

さらに、大豆が納豆になるとナットウキナーゼという成分ができますが、
これが血液をサラサラにし、血行を促進することで、
栄養素が頭皮にまで行きわたりやすくなります。

 

高野豆腐

高野豆腐は、元は豆腐であるため大豆に含まれる成分を含んでいるほか、
タンパク質が髪となる際に必要とされる亜鉛を多く含んでいます。

 

そして、ビタミンEも含んでおり、毛細血管を拡張し、血行をよくするという効果もあります。

 

柑橘類

レモンなどを始めとする柑橘類はビタミンCを多く含んでいます。

 

ビタミンCには抗酸化作用があり、
薄毛の原因ともなるストレスに対する抗ストレスホルモンの分泌を促します。

 

また、ビタミンCはコラーゲンの生成を助けます。
コラーゲンは、頭皮の保水力をアップし、
頭皮の状態をよくする役割があるので、良い髪を育てるために必要となります。

 

緑黄色野菜

緑黄色野菜にもビタミンCが含まれます。
それ以外にも、血行を良くし、頭皮の状態を良く保つためのビタミンA、
新陳代謝を促すビタミンB2なども含んでいます。

 

ナッツ類

ナッツ類にはタンパク質が多く含まれるほか、
ビタミンEが多く含まれています。

 

ビタミンEは毛細血管を拡張し、血行を促進する作用があるので、
栄養素を頭皮の隅々にまで行きわたらせることができます。

 

生牡蠣

生牡蠣には、亜鉛が非常に多く含まれています。

 

亜鉛は、髪の生成に必要な栄養素ですが、意識しないと不足しやすく、
特に男性は欠乏しやすい栄養素なので、注意して摂取したいものです。

 

亜鉛は生牡蠣ほどではないですが、牛肉や豚レバー、魚介類にも含まれています。