MENU

話題のスーパーフードの育毛効果を徹底調査!

最近「スーパーフード」という言葉をよく耳にするようになりました。

 

名前を聞いただけでもきっと何かすごい効果があるんだ
という雰囲気はありますが、どのようなものをスーパーフードと言うのでしょうか。

 

スーパーフードとは

スーパーフードとは、一般的に抗酸化力のある自然食品で、
栄養成分が豊富かつ低カロリー、
そしてメディカルハーブの要素を持ったものと言われています。

 

人工的に作られたものではなく、自然食品で、
さらに含まれる栄養素の中には、人間が体内で作り出すことができない
栄養素を含んでいるものこそがスーパーフードなのです。

 

代表的なスーパーフードとしては、
アサイー、カカオ、ゴジベリー、マキベリー、カムカム、
マカ、スピルリナ、チアシード、ココナッツオイルなどが挙げられます。

 

薄毛に効くスーパーフード

 

チアシード

「チアシード」はメキシコや中南米で栽培されている
シソ科の果実の種で、水を含ませると約10倍に膨らむことから、
満腹感を得られるのでダイエット効果があると注目を浴びているスーパーフードです。

 

このチアシードには、髪の成長に欠かせない
栄養素も豊富に含まれているため、薄毛にも効果があると言われています。

 

チアシードに含まれる、様々な栄養素の中でも、
「タンパク質・亜鉛・オメガ3脂肪酸」は特に薄毛対策に必要な栄養素です。

 

髪を作るタンパク質、それを助けるのが亜鉛ですし、
オメガ3は血液をサラサラにして血流を良くすることで
栄養素を髪に十分にいきわたらせることができます。

 

しかし、摂取にあたり、少し注意が必要な面もあります。
チアシードは食物繊維が非常に豊富なので、お腹がゆるくなることがあるのです。
お腹がゆるくなったりしたら、量を減らすなどして調整しましょう。

 

スピルリナ

「スピルリナ」はアフリカや中南米の湖に自生する藻類で、
フラミンゴの主食と言われています。

 

たんぱく質やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいることで、
健康への効果が高いと言われており、
サプリメントなどでの摂取がされています。

 

スピルリナは免疫力のアップやアンチエイジングにも効果がありますが、
薄毛にも効果があると言われ、薄毛対策としても注目されているものです。

 

薄毛対策に効果がある成分としては、
「タンパク質、亜鉛、ビタミンB・E」が挙げられます。

 

タンパク質は、スピルリナの6割をしめますが、消化吸収がよいのが特徴です。
亜鉛は髪を作るのに必要不可欠ですが、こちらも豊富に含まれています。

 

ビタミンB類の中でもビタミンB2は、皮脂の分泌を整え、B6はタンパク質の吸収を促進します。
さらに、ビタミンEは血行を促進し、栄養を髪のすみずみにまで届けます。