薄毛治療薬の副作用はどんな症状があるの?

薬局や通販など、
一般の人が簡単に手に入れることができる医薬部外品の育毛剤は、
育毛の効果が現れるのはゆっくりですが、
副作用はほとんどないものが多いといえます。

 

その逆で、病院で使用するような
よく効くと言われている薬は医薬品ですので、当然副作用のおそれがあります。
その副作用をしっかり理解した上で薬の処方をどうするか決める必要があります。

 

フィナステリドの副作用

フィナステリドは飲み薬で、元々は前立腺がんや、
前立腺肥大の治療のために作られた薬のため、
確率は少ないものの、前立腺に関わる副作用が存在します。

 

前立腺の治療のために服用していた人に多毛症の症状が出たため、
副産物として現れた「毛が生える」という現象を発毛剤にしたという経緯があります。

 

また、前立腺に関係するので、性欲の減退、
精子減少などの症状が出るほか、頭痛や胃痛なども起きる可能性があります。

 

性欲の減退などが起きるのは非常にまれだと言われていますが、
精子減少などは、もしこれから子作りを考えている場合は困るので、
子供ができてから投薬するという方法もあります。

 

 

また、この薬は、妊婦や妊娠の可能性がある女性と
授乳中の女性に関しては触れることもダメです。
経皮吸収されてしまうからです。

 

報告されている副作用はわずかではありますが、
可能性はゼロではなく、症状もかなり重いものになりますので、
しっかり頭に入れておく必要があります。

 

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは元々高血圧を治療する薬として作られたもので、
血管を拡張する作用があります。

 

血管が拡張すると、痒みが出る人もいますし、
吹き出物やかゆみ、発疹などが出ることがあります。

 

また、元々血圧が低い人は、
血圧が下がりすぎてしまう可能性もあるので注意が必要です。
既に高血圧の治療などでミノキシジルを使っている場合は、
医師としっかり相談する必要があります。

 

ミノキシジルには飲み薬も存在します。
海外では、育毛のために使用するにはリスクが高いものとして認可されていません。
もちろん、国内でも許可されていません。

 

一般的に塗り薬よりも飲み薬のほうが体への影響が大きいと言えます。