MENU

薄毛を引き起こす原因と多くの要因

 

男性ホルモンの影響

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンが影響しています。

 

男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びついてできた
「ジヒドロテストステロン」が、毛母細胞に作用して発毛を阻害します。

 

頭皮の血行不足

何らかの理由により頭皮の血行が不足することも薄毛を引き起こす原因となります。
血行が不足することで、必要な栄養が頭皮や髪に行き渡らなくなるからです。

 

頭皮の栄養不足

栄養が偏った食事をしていたりして
十分な栄養が得られていないと、髪への栄養が不足します。

 

それは、栄養は生命活動に関わる内臓などで
優先的に消費されるため、髪は後回しになるからです。
栄養が不足すると、髪も育ちにくくなります。

 

頭皮環境の悪化

乾燥や過剰な皮脂分泌などで頭皮の環境が悪化すると、
髪の毛を育てる大元である毛母細胞にダメージを与えます。

 

頭皮は髪の土壌となる部分なので、髪の成長にも影響が出てきます。

 

薄毛の要因となるもの

 

バランスの悪い食生活

食生活は体を作る元ですが、
髪についても同様に食生活が大きく関わってきます。

 

例えば、肉類や油もの、
ファストフードなどばかりをいつも食べているような食生活をしている場合、
皮脂の過剰分泌が起こるため、頭皮の環境が悪くなり、薄毛になりやすくなります。

 

また、栄養が偏っていて、髪を作るタンパク質や髪の代謝を助ける
ビタミンやミネラルなどが不足する場合も、髪の成長に影響が出てきます。

 

睡眠不足などの不規則な生活

昼間に受けた髪や頭皮などへのダメージは、
寝ている間の免疫細胞やホルモンの働きによって修復されます。

 

睡眠不足によりこの修復が上手くされないと、
修復されずにまたダメージを受けてしまうため、ダメージが蓄積されていきます。

 

頭皮や髪へのダメージが大きくなればなるほど、
髪が抜け、薄毛になってしまう可能性も大きくなります。

 

ストレス

過剰なストレスは、血管を収縮させるため、
血行が悪くなってしまうことから、
髪の成長に必要な栄養素などが頭皮や髪に行き届かなくなります。

 

すると、髪の成長が妨げられ、しっかり育たなくなったり、
早く抜けてしまうなどの影響が出ます。

 

また、ストレスは活性酸素を生み出します。
体は活性酸素を除去するために、抗酸化物質として、
髪を形成するアミノ酸の一部を使います。

 

すると、毛髪のアミノ酸のバランスが崩れてしまうため、健康な髪が維持できなくなります。

 

遺伝

男性ホルモンテストステロンと結びついて、
薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを生み出す酵素
5αリダクターゼの分泌量は、遺伝によって決まるといわれています。

 

また、食生活や衛生習慣なども家庭環境にかなり影響されます。

 

間違ったヘアケア

髪や頭皮に良いと思ってしていたヘアケアが間違っていた場合、
髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。

 

そのダメージは頭皮の状態を悪くしてしまうため、
髪が抜けやすくなったり育ちにくくなり、薄毛になりやすくなります。

 

紫外線

紫外線は髪や頭皮にダイレクトにダメージを与えます。

 

頭皮のダメージは知らず知らずの間に蓄積されていることが多く、
気づかないうちに毛母細胞が働かなくなり、髪が抜けてしまったり、
作られなくなったりすることがあります。

 

飲酒・喫煙

飲酒は、少しなら大丈夫ですが、飲みすぎることが継続したりすると、
そのアルコールを消化するために体内の栄養が使われてしまうため、
髪にまで栄養がいかなくなってしまいます。

 

喫煙は、タバコに含まれるニコチンが毛細血管を収縮させてしまうため、
血流が悪化して、栄養が髪までいかなくなります。

 

病気

薄毛には、病気が原因でなってしまうものもあります。

 

「甲状腺機能低下症」「膠原病」
「白癬菌」「アトピー性皮膚炎」「低体温症」などが挙げられます。

 

加齢

年齢を重ねると、髪の成長期が短くなったりして、
髪が細く短くなったり、新しい細胞を作り出す力が衰えるため、
髪が抜けても生えてこなくなることがあります。