薄毛の原因〜遺伝|親が薄毛だと子供も必ず薄毛になるのか

「ハゲは遺伝する」「薄毛家系はある」
という話を耳にしますが、本当はどうなのでしょうか?

 

実際親子や親戚で薄毛である場合も少なくないので、
親が薄毛だから自分もそうなるんだろうと諦めてしまう人も多いかもしれません。

 

しかし、薄毛は必ずしも遺伝するとは限りません。

 

薄毛にも色々なタイプがあり、
遺伝が関係していると言われているのは「男性型脱毛症(AGA)」だけです。

 

先に述べたとおり、生活習慣や食生活などが原因で起こる薄毛もあるので、
「薄毛=遺伝」ということにはならないのです。

 

遺伝による影響が大きい薄毛

「男性型脱毛症(AGA)」は
遺伝による影響が大きいと言われています。

 

「男性型脱毛症(AGA)」は男性ホルモンの
テストステロンが5aリダクターゼという変換酵素によって
生成されたジヒトロテストステロンが原因で起こります。

 

男性ホルモンが影響している薄毛です。

 

ジヒトロテストステロンの影響を受けやすい体質かどうか
に関しては、母方の遺伝子(X染色体)により決まります。

 

よく母方の祖父が薄毛なら、
薄毛になる可能性が高いと言われるのはそのためです。

 

女性は、ジヒトロテストステロンの影響を受けやすい遺伝子を持っていたとしても
影響を受けることがないため、見た目にはわからず、
隔世遺伝と思われがちですがそうではありません。

 

一方、変換酵素である5aリダクターゼの分泌量に関しては、
父方母方に関係なく、優性遺伝で受け継がれるため、
両親のどちらかがその遺伝子を持っていれば、AGAになる可能性は高くなります。

 

「遺伝」は薄毛になりやすい体質を受け継ぐもの

しかし、たとえこのような要素を親から引き継いでいたとしても、
それは薄毛になりやすい体質を持っているというだけで、
必ずAGAを発症すると決まっているわけではありません。

 

もちろん、体質を持っていない人よりは薄毛になりやすいかもしれません。
でも、それは絶対ではないのです。

 

薄毛はこのような遺伝も含め、様々な要因が重なり合って発症するものです。
最初から遺伝だからと卑屈にならず、またあきらめないようにしましょう。

 

ただここで注意しておかなければならないのは、
親子で受け継がれるのは体質だけではないということです。

 

食事の好みを始めとした食生活、
衛生習慣などの生活習慣も知らず知らずのうちに継承していくのです。

 

頭皮環境に悪いライフスタイルが身に付いているため、
家族に薄毛が多いという場合があるので、
親や祖父が薄毛ではない人も油断は禁物です。