MENU

オデコと頭頂部が薄くなるU型ハゲの特徴と対処法

U型ハゲは、他のハゲに比べて、
最も深刻度が高いハゲと言われています。

 

生え際から少しずつ後退していくので、
その形からA字ハゲと言われることもあります。

 

多いのは、元々おでこが広くて、
知らず知らずのうちにおでこが広くなっていたというパターンです。
そのような場合は、気づかないうちに進んでいる場合が多いのです。

 

また、最初はM字ハゲから始まり、
次第におでこの真ん中付近もハゲが進んでいき、
U字にかわるということもあるようです。

 

U型ハゲが進んでしまうと、サザエさんの波平さんのような、
横と後ろにしか髪が残らない状態になってしまいます。

 

U型ハゲの原因

U型ハゲの原因は他のハゲとほぼ同じです。

 

つまり、男性型脱毛症(AGA)、
生活習慣の乱れや食生活の乱れなどが主な原因となります。

 

M字ハゲでも説明したとおり、前頭部にはホルモンの受け皿が多くあるため、
ジヒドロテストステロンの影響を受けやすいと言われています。
そのため、放置しておくとどんどんおでこが後退していってしまうのです。

 

そして、生活習慣の乱れも大きく関わります。
生活習慣の乱れ・・・つまり睡眠不足や喫煙やストレスなどは
頭皮の状態を悪くするなど、抜け毛の原因にもなります。

 

また、食生活も大切です。

 

偏った食生活などで脂質の摂取が多くなることは、
ジヒドロテストステロンを作りだす酵素である5αリダクターゼの生成につながるため、
より薄毛をすすめてしまうのです。

 

U型ハゲの対策

U型ハゲの場合、M字ハゲやO型ハゲなどと
U字ハゲが同時に起こっていることがよくあります。

 

そして、思ったよりも早くハゲが進行してしまうことがあります。

 

早めに対策を始めないと、どんどん進行してしまうため、
日頃からおでこの状態をチェックするなどして、
兆候が見えたらすぐ対策という形でするのが望ましいでしょう。

 

どんどん進行してしまっている場合は、
本格的に治療という形で行わないと改善は難しくなります。

 

育毛剤を使うのも有効ですし、
専門のクリニックで薬を処方してもらうなども必要になるでしょう。
その場合は、ミノキシジルの外用薬とフィナステリドの飲み薬が一般的です。

 

ひどくなると、植毛なども考えないといけなくなってしまうのが、U型ハゲです。
とにかく、早い発見と早い対策が必要です。