MENU

20代、30代で薄毛が進行してしまう若ハゲとは

若ハゲとは、20代〜30代の若いうちにハゲてしまうことを言います。

 

まさか、自分がハゲるとは思っていないほど若い年齢なので、
気づいたときにはかなり進行してしまっているということが多いのです。

 

また、特に若いうちは見た目に気を遣う傾向にあることから、
自分が若ハゲであるというだけで、精神的ダメージも大きくなる場合も多く、
そのストレスがまた逆効果になることも多いのです。

 

若ハゲの原因

若ハゲの原因は次のようなものが挙げられます。

 

遺伝

若い時期からのハゲは遺伝の場合が多いといえます。

 

100%ではありませんが、
家系的に若いときから髪が薄かった人が多い場合などは、
若ハゲになる可能性も高いといえます。

 

髪へのダメージ

若い人は、パーマをかけたり、髪を染めたりする人も多いと思います。
このようなことを頻繁にしている場合は、
蓄積したダメージが頭皮や髪を痛めてしまうことにつながります。

 

また、間違ったシャンプーの仕方をしている場合なども、髪へのダメージが蓄積されます。

 

ストレス

人間関係など、様々なストレスにさらされて、
それで10円ハゲのようなものができてしまったりすることがあります。

 

このようなことは、10代の学生などでもありうることです。

 

生活習慣の乱れ

若さにまかせて夜更かしをしたり、
ジャンクフードや外食ばかり食べる食生活をしていると、
体そのものが不健康になり、当然頭皮環境も悪くなります。

 

若いうちにその影響が出ることは普通少ないのですが、
他の要因が重なると、思いのほか髪と頭皮にダメージを与えるのです。

 

 

若ハゲの対策

 

生活環境の改善

若いうちは、生活環境や食生活に気を遣うことが少ないでしょう。

 

毎日夜更かしをして、夜中にカロリーの高い夜食を食べてしまったり、
毎日の食事もファーストフードが多かったりするなど、
なかなか健康的な生活へのコントロールが難しい時期でもあります。

 

しかし、生活環境や食生活についてしっかり考えて行動することで、
若ハゲを防ぐことができます。

 

ストレスと上手につきあう

ストレスがたまると、毛細血管が細くなってしまったりして、
血行が悪くなり、頭皮や髪まで血液がいかなくなってしまいます。

 

すると、古い血が残り、酸素や栄養素が入ってこなくなるため、髪が育たなくなります。

 

自分なりのストレス解消法を見つけるなど、
日々のストレスに立ち向かえるようにすることも大切です。

 

育毛剤を使用する

 

若ハゲになってしまったと感じたら、
早期に対策を立てることが若ハゲを進めないためには必要です。
そのために育毛剤を使用するというのも一つの方法です。

 

しかし、使用する育毛剤には気を付ける必要があります。

 

プロペシア、リアップX5などの医薬品は副作用があるので、
安易に使用すべきではありません。。

 

若ハゲの場合は副作用のリスクを負ってまで、
強い医薬品を使う必要はないと考えられるので、
医薬部外品のものを使用するほうがよいでしょう。