MENU

頭皮マッサージの効果と正しい方法について

頭皮マッサージを行うことは薄毛対策によいといわれますが、
その理由として次のようなことが挙げられます。

 

血行がよくなる

 

頭皮の毛細血管を刺激することで血行がよくなり、
栄養素などが頭皮に行き届きやすくなります。

 

頭皮を柔らかくすること

 

頭皮は固いままだと血流が悪くなるので、柔らかくしてあげる必要があります。

 

毛穴に詰まった皮脂汚れを押し出しやすくする

 

毛穴に皮脂汚れが詰まった状態は、髪の成長に悪影響を与えるため、
マッサージよって毛穴も柔らかくし、皮脂汚れを取りやすくなるのです。

 

頭皮マッサージの方法

頭皮マッサージは、頭皮を傷つけないように優しく、
爪を立てずに指の腹で以下のように行います。

 

側頭部のマッサージ

 

左右の耳の上の「角孫」というツボに
親指以外の指4本をあて、親指を後頭部にあてます。

 

4本の指でゆっくり円をかくようにマッサージしていきます。
何度かやったら、少しずつ上にずらしていきます。

 

頭頂部のマッサージ

 

「百会」のツボを両手の中指でゆっくり押します。

 

「百会」のツボは、両耳からまっすぐ頭の上にいった線と、
眉間から上になぞって交差する部分になります。
気持ちよい程度の圧迫が適しています。

 

後頭部のマッサージ

 

後頭部の下部分、真ん中のくぼんだ部分が「あ門」というツボですが、
ここに両手を当てて左右交互におします。

 

首の後ろのマッサージ

 

「あ門」の指2本分ほど外側に移動した場所に
「風池」というツボがあります。

 

ここに親指を当てて、押し上げるように圧迫します。
残りの4本の指も揉むような感じで押すと良いでしょう。

 

このように、頭とその周囲のマッサージをしていくことで、
万遍なくほぐすことができ、血行改善などに効果が現れます。

 

注意しなければならないこと

頭皮マッサージをする上で、注意しなければならないことがあります。

 

まず、できるだけ頭皮が柔らかい状態のときに行いましょう。
乾燥しているときに行うと、頭皮が傷つきやすいためです。
お風呂上りなどがよいでしょう。

 

次に、爪を立てないことと、力を入れすぎないことです。
力を入れすぎると、頭皮を傷めることになる場合があります。

 

また、頭皮を叩いたり、強く揉むようなことはやめましょう。
刺激の与え方を間違えると、男性ホルモンの働きが促進されてしまい、
逆効果になる場合があります。