薄毛の人にオススメのヘアスタイル

薄毛が気になってくると、
どうしてもその部分を隠したくなってしまいますよね。

 

すると、髪を伸ばして、
気になる薄毛の部分を覆い隠そうとしてしまいがちです。

 

しかし、そうやって無理に隠した髪型は、
見る角度によっては非常に違和感があるものになります。
不自然なので、薄毛を隠したいという気持ちがよくわかってしまうのです。

 

無理に隠すと髪型のバランスがとれずに逆に不自然で、
薄毛であることを強調しているようにも見えてしまいます。
薄毛を無理に隠すような髪型はやめましょう。

 

薄毛の人のヘアスタイルのコツ

では、薄毛の人はどんなヘアスタイルをすればいいのでしょうか?

 

まず、不自然に隠すのは逆効果なので、隠さないで出してしまい、
髪全体のバランスを新たに作りだすようにしましょう。

 

サイドは短くして、縦長シルエットになるように整えるのです。

 

そして、短髪にすることがポイントです。
長く伸ばして隠すと余計に薄い部分との差が目立ってしまうので、
短髪にしてスッキリすることで、清潔感のある雰囲気が出て好印象になります。

 

薄毛の人にオススメのヘアスタイル

 

ソフトモヒカン

頭頂部の髪は薄くなっていないという方にオススメです。

 

後頭部の髪を短めにして、頭頂部を立てることで、
後頭部の薄毛が目立たなくなります。
長さがある分、スタイリングで変化が楽しめます。

 

ツーブロック

サイドをしっかりと短く刈り上げることで、
頭頂部のボリュームを際立たせ、薄毛を目立たなくします。

 

前髪を下したツーブロック

ツーブロックのトップの髪を立てずに下ろしたスタイルで、
落ち着いた印象が特徴です。

 

オールバック

前髪や生え際はまだ髪があるけれど、
頭頂部や後頭部が薄い人に最適なスタイルです。
長めに伸ばした髪を後ろに流すことで、薄い部分をカバーできます。

 

おしゃれ坊主

全体を短く刈り込んだスタイルですが、全体を短くしても、
トップを少し長めにしたり、全体を立てたりなど工夫することで、
高校球児っぽいスタイルにはならなくなります。

 

ショートレイヤー

どうしても短いのが抵抗がある方、前髪を垂らしたい方は、
レイヤーカットでサイドは耳にかかるぐらいのギリギリにするとよいでしょう。

 

おでこの生え際を隠すのには適していますが、
全体的に毛量がある程度必要となります。