育毛剤が多く利用されているワケとは?

育毛剤とは、抜け毛を防ぎ、髪の成長を促進させるもので、
配合されている成分によって効果の違いがあります。
自分の薄毛のタイプを見極めて使うことが必要です。

 

まず、AGA(男性型脱毛症)の場合は、
その原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑えることが必要になるため、
5aリダクターゼの働きを阻害する成分が配合されている育毛剤が良いでしょう。

 

この他にも、血行を促進するタイプの血管拡張作用のあるタイプや、
頭皮や毛根に栄養を与えて頭皮環境を整える成分が配合されているタイプ、
皮脂の過剰分泌を抑える成分を配合されているタイプがあります。

 

このように、育毛剤は髪が抜けてしまう原因を排除したり、
髪にとって最も大切な頭皮の環境を整える目的で作られているものといえます。

 

育毛剤を使うメリット

健康な髪が育つには、育つための土壌である
頭皮の状態がよくなければなりません。

 

育毛剤を使うことで、頭皮の血行を促進させることができ、
発毛に必要な栄養を毛根に行き届きやすくします。

 

毛根にしっかりと栄養が行き届かせることは、
毛髪が健康に育つ環境を作るには欠かせないことなので、
その環境を作るのに育毛剤が効果的ということです。

 

薄毛がまだ初期の段階では、
生活習慣の改善や食生活の改善などで
頭皮の環境をなんとかしようとすることが多いでしょう。

 

しかし、その効果が現れる前に薄毛は進んでしまいます。
生活習慣や食生活の改善ももちろん必要ですが、
やはり育毛剤を並行して使用することで、薄毛の進行をいち早く止めることができます。

 

また、逆に徹底的に治療しようと思って病院やクリニックを選択しようとしても、
身近なところに専門病院がなかったり、どの病院がいいのか分からなかったり、
診察を受ける時間が取れなかったりするものです。

 

保険が効かないための費用への不安や、
強い薬を使う場合の副作用の心配も出てきます。

 

 

実際のところ、そうそう気軽には行けないため、
あれこれ迷っている内に時間ばかりが過ぎてしまうのが現状ではないでしょうか。
育毛剤の使用であれば、費用面や副作用の面でも、病院へ行くよりも安心です。

 

 

「抜け毛が気になり始めた」「何となく地肌が見えるような気がする」
といった早い段階で育毛剤の使用を検討し、
それと同時に生活習慣の改善に取り組むといったアプローチが一番現実的だと言えるでしょう。

 

ただし、「親が薄毛だから自分も早いうちに」と言って、
何の兆候もないうちから育毛剤
(特にミノキシジルが配合されたもの)を使い始めるのはおすすめできません。

 

その段階なら、生活習慣の見直しとともに育毛シャンプーを使って、
頭皮環境の悪化を防止する程度にしましょう。