ドラッグストアで買える育毛剤の種類と効果

ドラッグストアでも育毛剤は販売されています。

 

CMでも見たことのある大手メーカーの商品が
いくつも並んでいるのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。
要があるので、
基本的には有名な大手メーカーのものしか並ばないのです。

 

通販のみで販売している育毛剤は、ベンチャー企業のものなどが多く、
いいものであってもドラッグストアの棚には並ばない
ドラッグストアの場合、限られた場所に陳列する必という現状があるようです。

 

つまり、ドラッグストアに並んでいる育毛剤が全てではないこと、
そして必ずしも効果が高いものが並んでいるとは限らないということを認識しておく必要があります。
実際には並んでいなくても良い育毛剤は存在するのです。

 

ドラッグストアで買える育毛剤の種類

では、ドラッグストアではどのような育毛剤が買えるのでしょうか。

 

育毛剤は含まれている成分に幅があり、
種類によって、販売の仕方などが変わってきます。

 

育毛剤の場合、
「第一類医薬品」「第二類医薬品」
「指定第二類医薬品」「第三類医薬品」「医薬部外品」があります。

 

その中でも「第一類医薬品」は薬剤師のみが販売できるものになります。

 

副作用の恐れがあるので、
薬剤師が文書で情報提供し、説明する必要があるのです。

 

ドラッグストアに行くと、
薬剤師がいるカウンターの中などに置かれていたりするものがこれにあたります。

 

育毛剤では、ミノキシジル配合の「リアップ」が該当します。

 

「指定第二類医薬品は」やや副作用の恐れがあるので、
注意が必要なもので、「第二類医薬品」「第三類医薬品」「医薬部外品」は
情報提供などの義務は特別ないものです。

 

 

ドラッグストアで買える育毛剤は効くのか効かないのか

では、ドラッグストアで買える育毛剤の実力はどうなのでしょうか。

 

まず、店頭に並んでいるものに関しては、特に医薬部外品の場合、
副作用などが出ないように成分を控えめにしていたりしているものもあり、
あまり期待できないと言ってもいいかもしれません。

 

広告費などに費用がかかる分、
成分面での充実が望めないという一面もあります。

 

「育毛トニック」のように、「育毛」を謳っていても、
実際の効能は保湿などをメインとした化粧品レベルのものも多く存在します。

 

どちらかというと、薄毛が進んでしまった人が使用するよりも、
これから薄毛になりそう、なるかもしれないという人が
予防的に使用するのに適していると言えるでしょう。

 

一方薬剤師のみしか販売できない育毛剤については、
その成分からも効果が期待できるものといえます。
ただし、副作用がある可能性があるので、注意が必要です。

 

このように、ドラッグストアで買えるものはひとくくりで考えることができず、
それぞれの育毛剤について、成分などをしっかり見極めて行く必要があります。

 

本気で薄毛対策を考える人は、ネット通販の育毛剤を検討した方が現実的です。